看護師年収の事例<40代>

これまで20代、30代の年収相場を見てきましたが、どちらも一般レベルの年収と比較して相当高いことが分かります。ここまで高いと何かあるのではないかと疑われる人も多いのではないでしょうか。実際、多くの看護師が高収入と言われるのは、各種手当が存在するからです。ここで言う手当とは、主に夜勤手当や残業手当など、24時間体制の病棟勤務において発生するものを指します。一般企業においては、24時間体制の取られている職務は限られているため、この看護師のような夜勤のある業務はまれであると言えます。夜勤とは、夕方から翌朝までの勤務を指し、皆が通常眠っている間に働くことになるため、当然生活リズムが昼と夜とでは逆転してしまいます。このような勤務体制の中で、看護師は日々苦労して仕事に臨んでいるのです。

さて、40代の看護師の年収は実際にはどれほどなのでしょうか。相場を把握するために、その具体的な事例をいくつか見てみましょう。

まず、愛知県の女性で、17年間正看護師を勤める彼女は「650万円」の年収を実現しています。残業は月に15時間であるそうです。また、大阪府の40代で、同じく正看護師である女性は、28年目のキャリアで、年収は「700万円」であると言います。夜勤は月に8回、残業は20時間以上が普通で、休日は月に10回。彼女は肉体的にも精神的にもかなりきつく、心の休まる暇がないと嘆いています。また、東京の40代の認定看護師である女性の年収は、21年目でなんと「750万円」。残業は平均15時間だそうです。しかし、夜勤や残業をしなければ年収は200万円ほど下がるそうです。また、彼女は、今の職場が6病院目だと言います。

一方、一般的な40代の女性の年収相場はというと、だいたい「280万円」というデータが出ています。これは国税庁の「民間給与実態統計調査」によるものです。こうして見ると、やはり看護師の年収は一般の40代の中でも、ずばぬけて高いことが分かります。しかしやはりこれも勤続年数や夜勤や残業の回数、そして役職手当などが背景としてあるようです。

しかし、40代の看護師にとって、自分の年収をアップさせたい、待遇を良くしたいと思っても、なかなか転職へは踏み切れないようですね。それは、役職について部下をたくさん抱えていたり、「もうこの歳で転職なんて・・・」と世間体を気にしていたりという理由が大きいようです。しかし、40代のキャリア看護師の転職先は、探せば出てくるものですし、実際に待遇面での改善転職も可能です。それを可能にするのは、やはり看護師専門のキャリアコンサルタントによる、転職徹底サポートを受けることにあるでしょう。いくつになっても、まだまだ伸び幅は広く、可能性は存在するのです。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細