看護師年収700万の事例

「看護師として働く自分。今の年収から一気に600万円〜700万円まで年収アップする方法はある?」「看護師の平均年収からしても、一般水準と比べても、700万円の年収はかなり高給。どういう看護師が該当するの?」

このような疑問を持たれている現役看護師の方は多いのではないでしょうか。実際、厚生労働省が調査した統計データによれば、女性の正看護師の平均年収は「469万円」と言われています。このような状況の中で、年収「700万円」を実現するには、どのような条件が必要なのでしょうか。実際に、看護師の方で年収「700万円」を実現している事例を元に、それを探ってみましょう。

まず、オペ室で働くとある32歳の看護師は、残業時間20時間にて、「700万円」の年収を実現しているようです。このオペ室での勤務は、イメージ通り、普通の病棟で働くよりも精神的にはハードだそうですが、病棟勤務より体力を使わないといったメリットもあるようです。また、手取りが「700万円」という43歳の看護師は、病棟勤務で残業時間月30時間、ボーナスが6.1ヶ月分、4週6休という条件の下に働いています。ちなみに3交代制の夜勤が月10回程度あるそうで、日勤勤務の後も、勉強会や各種委員会への出席など大忙しであるようです。そして、53歳の看護師で年収「700万円」の方は、夜勤はないけれど、月に8回位待機の日があり、夜間問合せに対応する必要があり、場合によっては夜中に出勤することもあるようです。残業時間は5時間と少ない代わりに、シフト制勤務が割とハードであるようです。このように、業務内容のハードさや過酷な勤務シフトも、年収「700万円」を達成する一つの秘訣であるようです。

また、近畿地方の病院で働く47歳の看護師で、残業が月20時間から30時間、週休2日で働いている方がいます。彼女の年収は「740万円」だそうです。このように、年齢や勤続年数も大いに高給に関係しているようです。

また、事例には直接表れていませんが、病院の規模も、「年収700万円」が実現できるかどうかの大きな分かれ道と言えそうです。例えば、オペ室勤務の例を取ってみても、そもそもオペ室がある病院は、大病院であることが大半であることから、彼女は大規模な病院に勤めていることが分かります。

このように一般的な平均値である「400万円〜500万円」の年収から、事例にあるような「700万円」の年収へとアップさせるには、かなり至難の業のように思えるかもしれませんが、実際に700万円の手前まで年収アップさせた転職事例は多数あります。しかしそれもやはり自力では難しく、転職エージェントの口添えや交渉術によるものが大きいようです。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細