准看護師の年収

看護師にも正看護師と准看護師の、ふたつの看護師資格が存在します。患者さんからは正看護師も准看護師も同じ白衣を身に着けていて、どちらが正看護師なのか准看護師なのか分かりません。看護師としての仕事も、正看護師も准看護師もほとんど変わりません。ただ同じ看護師ですが、正看護師と准看護師にはいくつかの違いがあります。

違いのひとつが正看護師が厚生大臣が認可する国家資格免許なのに対して、准看護師の場合は都道府県知事免許です。また正看護師となるために国家資格を取得には、専門学校や短大で3年間学ぶ必要があります。もし看護系大学だったら、4年間勉強しなければなりません。その点准看護師の場合は准看護師学校で学び、最短2年で准看護師の資格が取れます。

仕事内容も正看護師とほとんど変わらないと書きましたが、実際には准看護師の場合は医師や看護師の指示により看護が行えると定められています。また准看護師の給与や昇給は、明らかに正看護師とは異なります。さらに准看護師の場合は経験などに関わらず婦長になれない病院があるなど、昇格にも影響することが多いのが現実です。

正看護師と准看護師ですが、一般的に給与に差があります。たとえば厚労省が毎年7月に実施している都道府県別平均年収の最新データでは東京の場合ですが、平均年齢34.6歳で勤続年数が5.6年の正看護師の支給月額が348,800円です。それに対して准看護師の場合だと平均年齢が47.0歳で勤続年数が9.0年の場合で、支給月額が349,700円です。

金額だけを比べると正看護師も准看護師も差がありませんが、平均年齢に10歳以上の開きがあります。最も正看護師の年収が低かった熊本県の准看護師の支給月額が216,100円で、想定年収が3,241,500円でした。これは東京の准看護師の想定年収が5,245,500円と比べると、同じでも准看護師でも1.5倍以上の開きがあります。

これからも分かるように正看護師と准看護師の給与の差よりも、地域での給与の格差の方が多いのです。なかには准看護師から、正看護師を目指す方も少なくありません。ただ准看護師でも診療科や地域では、正看護師と変わらない給与を貰っているケースもあります。もし興味があるのであれば、看護師の転職支援サイトへ登録されることをお勧めします。行動を起こすことで、貴女の年収も大きく変わるかもしれません。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細