看護師年収の平均額はどれ位?

これから就職や転職をしようと考えている方も、今はとくに転職しようと思っていない方も、どのような方にとっても、医療に携わる職種の年収には、大いに興味があることと思われます。では、その医療業界の中で、96パーセントが女性と言われる看護師の平均年収について見てみましょう。

厚生労働省の調査によると、平成22年の看護師の平均年収は「469万円」というデータが出ています。これは月収「32万円」で平均時給は「1916円」という計算になります。一般的な女性の年収は200万円代後半とすれば、この看護師は、比較的、高収入職であると言えるでしょう。

ではここまで他職種との違いを出している要因はどこにあるのでしょうか。それは、勤務シフトや心身ともにハードな仕事内容などにあるようです。まず、看護師は当直や夜勤などが頻繁に発生するため、生活リズムを保つのが難しく、体調を壊しやすいといった面が他職種とは一線を画しています。慢性的な看護師不足の状況も手伝って、一人一人の負担が増えている中、忙しいさなかでも当直や夜勤を勤めなくてはならない機会は多くなっている現状があるようです。また、命を預かる特別な仕事ゆえの、肉体面、精神面の両方のハードさも挙げられます。このようにあらゆる面から考えると、この469万円という平均年収額は、決して良い待遇とは言えないでしょう

確かに他職種と比べて、看護師は少なからず「高収入職」という印象はありますが、医療職としては、医師の1000万円と言われる平均年収と比べて、かなりの差があります。

また、国家資格である看護師資格に準ずる、准看護師の年収はどれほどになるのでしょうか。准看護師とは、都道府県知事から免許を受け、医師、歯科医師、看護師の指示により看護が行える職業です。この准看護師の平均年収は、同じく厚生労働省による平成22年のデータによると、「398万円」になるそうです。看護師の平均年収と比べて、71万円も差があります。世間では同じような職種だと思われていますが、これだけの開きがあるとは驚きですね。

また、看護師の年収は、施設の規模によっても、勤続年数によっても変わってきます。いずれの場合でも、看護師や准看護師として働いている当事者たちは、現状の年収に満足している人はそう多くはないようです。実際に活動しているかは別として、現状の生活や勤務シフトへ問題を感じ、年収アップを狙って転職を考えている看護師の方は多いようです。そんなに簡単に年収が上がるものなのかと疑問に思う方が多いと思われますが、実際どうなのでしょうか。

今や転職業界では、転職エージェントやキャリアコンサルタントと呼ばれる、病院やクリニックなどと求職者の橋渡し役である存在が、大いに活躍しています。彼らは個人ではなかなかしづらい給与面や待遇面での交渉を代わりに行ってくれるのです。数ある転職サイトによっては、かなりの確率で年収アップを実現できることが謳われていますので、ぜひ利用してみると良いでしょう。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細