看護師年収<クリニックの場合>

皆さんは、クリニックで働く看護師は、どれくらいの年収なのかをご存知でしょうか。その平均相場を知りたいといった要望は多いと思われます。しかし、クリニックで働く看護師の年収は、それぞれのクリニックによってかなり差があるため、一概にいくら、と言うことは難しいようです。参考までに病院の規模別の平均年収データを見てみましょう。まず、99人以下の規模の病院に勤務する女性の正看護師の平均年収は「435万円」、さらに100人から999人までの規模の病院に勤務する女性の正看護師の平均年収は「469万円」です。クリニックはこういった小規模な病院の中に含まれますので、平均年収はだいたい「400万円前後」であると予想することができるでしょう。一般的にも、クリニックで働いた場合の給与は、大病院で働いた場合の給与よりも低いとも言われています。

そもそも、なぜクリニックは、年収が一般水準と比較して低くなるのでしょうか。まず、クリニックの定義から見直してみましょう。クリニックや診療所とは、入院用の病床が用意されていなかったり、あっても19床以下の医療施設のことを言います。それゆえ、大病院のように24時間体制でなく、朝8時から夕方17時までの勤務といった場合が多く、必然的に夜勤がありません。このことで、看護師について回るハードな一面である、勤務シフトの過酷さや、生活サイクルを保つのに苦労するといったことがありません。クリニックで働く看護師は、こういった拘束時間、勤務シフトなどの理由から、給与が一般的な看護師の水準より下がる傾向にあるようです。

また、クリニックは一般の病院に比べて規模が小さいため、対応する患者数が比較的少なくなります。このことで、一般の病院よりも仕事量が少なくなるといった面も、年収に影響しているようです。ただし、規模が小さいからといって、一般の病院よりも、クリニックのほうが仕事が楽であるとは一概には言い難いようです。なぜなら、規模が小さいゆえに、任せられる一つ一つの仕事の責任も重く、あるクリニックでは、医師の代わりに患者に対してヒアリングを行わなくてはならない場合もあるからです。当然、コミュニケーション能力や、専門知識も必要となってきますし、検査や点滴、注射などの処置も、1人で責任を持ってこなさなくてはなりません。このように、看護師としての力量が問われやすいというのが、クリニック勤務の特徴の一つとしてあります。

また、クリニックや診療所は、医師が経営者となるため、賞与や諸手当の規定は、それぞれの医師がどのように規定しているかによって変わってくるという不安定な一面があります。このことからも、一言で「クリニックで働いた場合の給与」といっても、その就業先によってかなりの差が生まれることが分かります。

このようなクリニックや診療所での勤務を希望する場合には、看護師専門の転職支援サイトなどを利用し、その就業先となるクリニックの給与や賞与、諸手当について、とことんまで追求することが大事であると言えるでしょう。転職支援サイトでは、たいてい専門のキャリアコンサルタントに相談できる仕組みとなっているので、直接彼らに相談して、勤務条件を調査・交渉してもらうことが可能です。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細