看護師年収<企業の場合>

皆さんは、企業で働く看護師についてどれくらいご存知ですか?看護師といえば病院や診療所などで医師の下で働くイメージが一般的ですが、実際、企業で働く看護師は存在します。では、この企業看護師にはどんな役割があるのでしょうか。また、この企業看護師の年収はどれくらいなのでしょうか。

まず、企業看護師が働く企業は、おおまかに分けて、一般企業か、医薬品・医療機器開発企業かになります。一般企業においては、企業内の保健室のようなところで看護師業務を行います。職員全体の健康管理や、個別の職員をフォローしたり、保健室に来室してくる社員に対して処置を行ったり、時には採血や応急処置などをを行ったりします。また、事務的な作業として、健康管理データ入力、分析などを行う場合もあるようです。一方、医薬品・医療機器開発企業においては、看護師の資格や経験を活かして治験コーディネーターとしての役割や、医療機器の導入サポートなどの業務を担ったりします。

このように、病院で働く一般的な看護師と業務内容が異なる、企業で働く看護師の年収はどれくらいなのでしょうか。もちろん、働く先の企業によって異なりますが、だいたいの相場は「350万円〜600万円」であると言われています。かなり幅がありますが、最初は「350万円」ほどからスタートし、普通のサラリーマンと同じように昇進し、役職についたりすれば年収は上がっていくようです。

こうしてみると、看護師全体の平均年収である「469万円」と比較して、低いように思われますが、やはり病院での看護師につきものの「夜勤や諸手当」が無い点を考えれば、当然のように思われます。また、企業で働く看護師は、一般的な看護師と比較して、勤務時間が規則的であったり、重病患者に対応する機会がなかったりして、体力的にも精神的にも比較的楽であることから、給与が比較的低くなっているとも言えるようです。

しかし、企業で働く看護師にも、病院で働く看護師にも、メリット・デメリットは存在するため、一概にどちらが良いとは言えません。よく検討した結果、もし貴方が看護師資格を活かして企業で働きたいといった場合には、転職エージェントの利用をおすすめします。なぜなら企業看護師は求人数自体が少なかったり、病院勤務に慣れてきたナースにとって不慣れな業界だったりして、戸惑うことも多いと思われるからです。そんな中、熟練の看護師転職の専門コンサルタントに相談すれば、たいていの場合は、その不安も解消することができるでしょう。また、業界情報を教えてもらったり、条件面での交渉を代行してもらったりして、自分の転職活動において、有効活用することもできます。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細