看護師年収と手取りの差

「看護師の年収の相場は知っているけれど、手取りではどのくらい貰えるの?」「よく確認せず、手取り額の少ない職場に就職してしまって後悔している」「聞くに聞けない、周りの看護師さんたちの手取りってどのくらい?」

先の記事で、看護師の平均年収を見てきましたが、実際に貰える金額は、他職種と同様に異なってきます。通常、規定の毎月の給与が決定した後に、そこから加入している社会保険料や雇用保険料、所得税、また、就職先によって異なる各種料金が引かれることになります。この税金等が差し引かれた後、手元に入ってくる分のことを「手取り」と言います。

この手取り金額は、就職先によって異なってくるため、就職先選びの際にはよく気をつけなくてはいけませんね。年収が同じでも差し引いたらかなり減らされていたという失敗談は多いので、十分、何が天引きされるのかを確認しておく必要があるでしょう。

では、気になる看護師の手取り金額の平均はどれくらいになるのでしょうか。皆さんもきっと気になることと思われます。しかし手取り金額は、就業先によってかなり差があるので、一概には言うことができないのが実状です。そこで、感覚としてだいたいの相場を知るために、看護師の手取り金額の例をいくつか挙げてみましょう。

都内のクリニック勤務で夜勤なし、残業なしのとある看護師は、手取り「30万円」をもらっているようです。また、中規模の民間病院の勤務で、夜勤が月に5回、残業がなしで、手取り「24万円」という例もあります。さらに療養病棟にて、夜勤が月に4回で、残業なしの看護師の手取りが「36万円」という事例もあります。

これらの例から考えると、手取り額は夜勤や残業代などの諸手当によって大きく変わってくることが分かります。また、仕事が肉体面、精神面両方についてハードであればあるほど、基本給与が高かったり、夜勤などの諸手当が高く付いたりするので、当然手取りの額も高くなる傾向にあるようです。いずれにしても、手取りを十分に確保するには、就職、転職を決意する前に必ず就業先に福利厚生面の確認をすることです。また、場合によっては交渉することも考えられます。自分で交渉するのが難しい場合には、転職エージェントの手を借りるという手段もありますので、ぜひ活用してみましょう。

そもそも、転職エージェントは、年収アップの指南や、待遇面での交渉を行うプロです。しかし、誰もが必ず年収アップを実現してくれるわけではありません。もし貴方が年収アップのために、転職エージェントを利用したい場合には、実績のある、確実に年収アップの成果を見込めるエージェント選びがもっとも大事となってくるでしょう。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細