看護師年収<国立病院の場合>

「大学病院と国立病院ではどれくらい年収の差があるものなの?」「国立病院へ転職してもっと給与アップを狙いたい」「国家公務員としての看護師の年収は、民間の病院と比べてどれほどの差があるの?」

このように、国立病院で看護師として働いた場合、その年収が気になるといった方は多いようです。実際、大学病院で働く看護師と、国立病院で働く看護師の間には、似ているようで異なる面がたくさんあります。もちろん、24時間体制でないクリニックなどとも違いがあります。では、その平均年収の差はどれほどなのでしょうか。

まず、国立病院の給与は、民間の病院のように地域や病院によって差がないというのが大きな特徴としてあります。というのも、国立病院で働く看護師は、身分が国家公務員であるため、国立病院での勤務であるならば、全国どこの都道府県で働こうと一律の額が支給されるからです。また、地域手当などの諸手当が加算されることもあるようで、一般的な民間の病院と比べて、年収は高くなる傾向にあるようです。また、国家公務員であるがゆえのメリットもあります。例えば、福利厚生がしっかりしていることや、勤続年数と経験を積んでいくと同時にそれに伴って基本給が上がる仕組みがあるため、同世代の民間病院の看護師と比べると、給与面では上になるといった点です。

この国立病院で看護師として働く場合、月給は地域手当がついて支給総額はおおよそ「26万円〜30万円」であると言われています。では、この月給についてもう少し詳しく見てみましょう。平成22年度の賃貸住宅に住む大卒看護師初任給は、基本給と地域手当で「19万円〜23万円」、支給総額にして「26万円〜30万円」であるそうです。また、短大卒看護師初任給は、基本給と地域手当で「18万円〜22万円」、支給総額にして「25万円〜29万円」となっています。これに年間賞与や他の手当である、住居手当や通勤手当、特別業務手当、専門看護手当、夜間看護等手当、超過勤務手当などが付いて、新卒の看護師の年収は「400万円〜460万円」となります。また、新卒だけでなく、国立病院勤務の看護師を全体的に見た場合の平均年収は、「530万円」ほどであると言われています。

このように、全体的な看護師平均年収の「469万円」というデータと比較すると、国立病院の看護師は、初任給の時点で看護師の平均年収相当額をもらっているということになります。そしてこのまま勤務を継続すれば、平均以上の額にまで年収は上がることが予測されます。このことから、国立病院で働く看護師の年収は比較的高いと言うことができるでしょう。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細