看護師年収の平均<沖縄>

沖縄県の県立病院で働く20代のとある女性は、正看護師として3年目で「330万円」の年収を得ているそうです。ICUに勤務していて、残業手当ては無し、夜勤は月に12〜13回、さらに毎日必ず3〜4時間のサービス残業と勉強会があるそうです。ICUとは、ご存知の通り「集中治療室」のことで、重篤な患者さんを収容し、集中的に治療や看護を行う場所です。このICUでの勤務については、精神的にかなりハードであることが容易に想像できます。しかし、看護師の全国平均年収の「469万円」という数値からしても、夜勤の回数や残業の多さからしても「330万円」という額は低いと言えます。

もともと看護師業界は、地域による年収の格差が少ないと言われていますが、沖縄県での看護師の年収相場は「400万円」前後と、他地域と比べて少々低い数値を示しています。やはり離島という地域柄、このような数値になることは否めないのでしょう。

こうした沖縄県ですが、現在看護師不足に悩まされているようです。このような状況を見越して、東京でハードワークに見舞われ、仕事に人間関係に疲れたといったナースが、沖縄の病院へ転職するという事例が多くあるようです。また沖縄では、その人材不足から、各県からの「応援ナース」として派遣勤務が取り入れられています。この応援ナースとしての勤務がきっかけで、沖縄で転職し、住みついたといったケースもあるようです。大都市の病院と、沖縄の地域に根付いた病院とでは、やはり何か大きく異なる面が多いのでしょう。

また、沖縄県の看護師のもう一つの特徴として、男性の看護師の比率が全国一であることが挙げられます。東京の看護師のうち、男性の割合は、約3.8%であるのに対し、沖縄県では約12.3%であるというデータが、厚生労働省の調査により出ているようです。つまり、沖縄には、東京の約3倍の男性看護師が存在するということです。

このような沖縄県で、看護師として年収アップしたいと考えるのであれば、看護師専門の転職エージェントを利用すると良いでしょう。沖縄県に拠点を構える人材紹介会社は多数存在します。また、沖縄県に特化した看護師求人専門の転職サイトも存在します。これらの転職サイトに会員登録して、キャリアコンサルタントへ直接相談することで、自分の希望に沿った転職が実現できることでしょう。

また、沖縄での看護師転職を考えるなら、沖縄求人の充実した「ナースではたらこ」や「ナース人材バンク」などの看護師転職サイトがお勧めです。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細