公務員の看護師年収

「看護師として就職したいが、公立病院か民間病院かで迷っている」「公務員看護師の年収は民間病院の看護師と比べるとどれくらい差があるのだろうか?」「公務員としての看護師は、将来的に年収アップが見込める?」

国立病院や、市立病院・県立病院などの公立病院で働く看護師は、公務員としての勤務となることはご存知のことでしょう。就職難が続く最近では、やはり安定した勤務のできるこの公務員としての就業を希望する人は増えているようです。よって、求人の倍率も高い現状があります。さらに公務員ともなると、その給与体系に、民間医療機関との差が出てきます。では、そこにはどれほどの差があるのでしょうか。また、公務員の看護師の年収は実際どれくらいなのでしょうか。

全国の看護師の平均給与年収は、平成17年の日本看護協会の調査によると、「437万円」ほどである中で、市立病院などの公立病院で働く看護師の平均年収は、「593万円」というデータが出ているようです。また、国立大学病院に勤務する看護師の平均年収は、「550万円」だそうです。

看護師業界の給与水準の中では、この公務員看護師の給与がもっとも高いと言われています。これも、公務員としての看護師就業が、世間で人気が高い大きな理由の一つであると言えるでしょう。また、この公務員看護師は、勤続年数が増すにしたがって給与が上がる率が、民間病院と比べて高いという事実もあるようです。また、公務員は扶養手当や育児休暇などの福利厚生面充実していると言われています。このように民間病院と比較して、安定して働くことができるといった面も、人気の理由の一つでしょう。

このような公務員看護師へ転職したいと思ったら、やはり看護師の転職支援サービスを利用するのがもっとも効率が良いと言えるでしょう。実際、公務員看護師として働いたとしても、人間関係や仕事量、夜勤や残業などは、民間病院と比べて大差はないようです。場合によっては、民間病院よりもハードなシフト体制であることもあるでしょう。

このような中、転職を考える際には、やはり事前に条件面を十分に配慮しなくてはなりません。また、自分で見つけられる求人には限界があることも事実です。そのような中、年収や勤務シフト、夜勤や残業などの交渉を代行してくれたり、多数の非公開求人を紹介してくれる看護師専門の転職エージェントのサービスを利用するのは、とても有意義であると言えます。もし本気で年収や就業環境などの改善を望むのであれば、こうしたプロのサポートを受けてみてはいかがでしょうか。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細