外科の看護師の年収を上げる転職活動

外科へ転職を希望する場合は、まずどこの外科に所属したいのか考えて下さい。形成外科・整形外科・小児外科・脳神経外科・心臓外科・外科など、外科系の診療科も多岐に渡りますが、どこを目指すにしても外科での経験は、看護スキルを上げるためには避けては通れない道だと言われています。

内科とは違って患者さんの回復度は目に見えてわかりやすく、病棟勤務でも全体的に活気があるのが特徴です。そんな外科の看護師平均年収は、460万円〜560万円が相場だと言われています。もちろんどこの医療機関に勤務するかにもよりますが、外科だから特別な手当が付くというわけではありません。ただ、専門性の高い診療科なので、整形外科ならスポーツ整形外科などその分野に特化した医療機関へ転職すると、平均年収よりも高い水準で設定されているかもしれません。

野球・サッカー・フィギュアスケートなど、最近は若くしてアイドル的なスポーツ選手も多く、スポーツドクターと呼ばれる医師も存在しています。そのためスポーツ整形外科という看板を掲げて診療しているところも多く、その専門領域を活かした医療は今後も需要が増えてくるので、外科へ転職を希望する場合は1つの選択肢として念頭に置いておくと良いかもしれません。

1つだけ注意する点としては、外科の治療で大きなウエイトを占める手術です。外科の看護師が手術に立ち会うわけではありませんが、手術は予定時間に終わらない場合があるので、予定時間おして手術の時間が延びている場合は、術後のケアで残業になるケースもあります。

その場合は当然残業手当が付くわけですが、手術によって業務の流れが左右されるので、急な予定変更や申し送りなどさまざまな調整が必要になります。クリニックではリハビリ施設を一緒に開設している医療機関も存在していて、急性期から回復期まで一貫した看護ケアを実施しているところもあります。

外科はどの分野を希望するのかによっても違いますが、最近は診療科が細分化されているので、看護師転職サイトなどを利用して詳細な求人情報を確認して下さい。医療機関によっては血管外科・胸部外科・口腔外科など、さまざまな診療科が存在しているので、一口に外科と言っても治療する部位によって細かく分かれています。

「手術件数が多い方が給料も高いのでは?」というイメージがありますが、手術件数=看護師の給料にはあまり反映されません。その代りオンコール対応はほとんどありません。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細