泌尿器科の看護師年収アップの方法

男性看護師の多い泌尿器科ですが、女性看護師が求人募集されていないわけではありません。ただ、診察前の問診や検査の前処置など女性看護師に抵抗感を持つ患者さんもいるので、泌尿器科で採用される場合は年配の人が多い。というのはあながち嘘ではありません。

また、女性看護師からすれば泌尿器は苦手という人もいるので、泌尿器科への転職はどちらかと言えば採用されやすい診療科かもしれません。男性患者さんばかりではありませんが、デリケートな部位の治療であることには変わりないので、患者さんへの気遣いや対応能力が問われる職場でもあります。

そんな泌尿器科看護師の年収平均は400万円〜500万円と言われていて、人工透析を併設している医療機関や、腎移植を専門とする大学病院などさまざまな転職先が存在しています。泌尿器科も慢性的な疾患の患者さんが多く、専門的な治療を取り扱う腎臓泌尿器クリニックや腎センターなど、総合的な腎臓病の治療と管理を行っていると言われています。

泌尿器科の中には、腎臓外科・腎臓内科・人工腎臓センターなどの特定の診療科に分類されている場合もありますが、内科の中に設けられていたり、他の診療科と混合で病棟に設置されているところもあります。泌尿器科は、日本泌尿器科学会の排尿機能検査士資格を取得することで給料UPと言われていて、看護師歴10年目で年収550万円を超えるケースもあります。

夜勤専従のアルバイトでは1回35,000円の求人もあり、医療機関によって手当の金額にも差があるので、年収UPで転職を希望する場合は、看護師転職サイトを利用してみて下さい。転職サイトでは、気に入った求人が見つかるまで何度でも利用できる上、もし紹介された医療機関が気に入らなければ断ることもできるので、気軽にアクセスしてみると良いでしょう。

泌尿器科は若いと採用されないようなイメージもありますが、それは規模や看護方針による場合がほとんどなので、年齢はあまり気に大丈夫です。実際に病棟勤務では20代や30代の人も勤務についているし、外来や専門病院などの規模の大きなところでは多くの人が採用されています。クリニックは経営者である医師の考えが反映されるので、年齢制限が存在しているところもあるのです。

泌尿器科と一口に言っても、腎臓内科・泌尿器科・人工透析科など細分化されて募集されているで、自分の希望する業務内容や勤務条件も細かく提示して、条件にマッチングした医療機関を紹介してもらって下さい。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細