循環器科の看護師の年収増と転職のススメ

循環器科は一般的に循環器内科と呼ばれ、患者さんの命をダイレクトに取り扱う診療科です。そのため勉強量や業務も多く、心臓発作などの緊急性の高い症状に対応しなければならないので、循環器専門病院や大学病院・総合病院の循環器内科など、特定の医療機関にしか存在していません。

循環器専門病院の場合は心臓血管外科も併設されているので、専門のスキルを学ぶことができるはずです。循環器科看護師の年収平均は450万円〜550万円と言われていて、急性重症患者看護専門看護師の資格を取得することで給料UPします。医療機関によっては独自の循環器資格を設けているところもあり、循環器内科集中医療センター・心臓血管外科集中医療センターという循環器治療の救急体制を整備されています。

また、不整脈や高血圧・狭心症などに対応したクリニックも存在していて、街の診療所から高度医療の専門病院まで幅広く働くことができます。総合病院や大学病院でなくても、循環器専門病院で心臓手術の介助を経験することができるので、どの医療機関に進むのかは自分のスキルアップや勤務条件と比較して選んで下さい。

心電図を読んで医師のサポートをしたり、何かと忙しいイメージのある循環器科なので、「オーバーワークになるのでは?」と心配する人もいるかもしれませんが、看護師転職サイトではコンサルタントが条件交渉してくれるので心配はありません。

心電図・心カテ・IABP・CHDFなど勉強することは山のように存在していて、救急患者さんの多い職場なので、未経験者には難しいイメージが植えつけられますが、転職を決意したら早めに循環器に移って経験を積む方が良いので、コンサルタントに相談して自分に合った教育体制の医療機関を探してもらいましょう。

医療機関の中には急変に対応するために残業になるケースも多いので、子育てをしながら循環器に勤務したい場合はクリニックがお勧めです。もちろん残業なしの職場もありますが、急性期の循環器ではそれが難しい場合もあるので、家庭と両立したい場合は循環器の療養病棟へ転職するという手もあります。

クリニックは循環器内科と心臓血管外科で分けられているところが多いですが、循環器専門病院はトータルで循環器医療に携わることができます。転職サイトでは看護主任などの役職付け求人も掲載していて、看護師長では年収600万円以上の医療機関も存在しています。夜勤専従やパート勤務での募集もあるので、循環器だからと言って敷居が高いわけではありません。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細