呼吸器科の看護師の年収の相場

呼吸器科には呼吸内科と呼吸器外科があります。外来は内科系と外科系で分かれていますが、病棟は内科と外科を一緒にして呼吸器科としているところもあります。一般的な医療機関に多いのは呼吸内科の方で、呼吸外科は複数ある症例として外科に組み込まれているケースもあります。

呼吸器内科は慢性的な患者さんが多くDNRに対応するので、患者さん以外の家族のメンタルケアも必要になります。呼吸器内科の看護師平均年収は450万円〜550万円と言われていますが、クリニックの場合は夜勤のないところもあるので、360万円〜420万円程度が相場となっています。

また、慢性疾患の患者さんが多い診療科ではありますが、急性呼吸不全や急性呼吸促迫症候で突然搬送されてくる患者さんも多く、急性期と慢性期の両方に対応することになります。最近ではSASの治療に力を入れているクリニックも存在していたり、在宅酸素療法の訪問看護などを請け負っている医療機関もあります。

喘息患者さんへのピークフローメーターや吸入器の指導など、慢性疾患であるがゆえ患者さんの体調コントロール管理が必要とされていて、勉強会や研修会も開催されているので、未経験からでも採用してもらうことはできます。呼吸器科への転職で多くの人が心配するのが気管内吸引ですが、看護師転職サイトでは教育体制が万全な医療機関を紹介しているので大丈夫です。

呼吸器科は難しい処置やスキルが問われるようなイメージなので、率先して転職先や配属先の選択肢に選ばれる確率が低く、内科の診療科の中ではいちばん看護師が不足していると言われています。それにも関わらず、医療技術の発展に伴って患者さんは増える一方なので、看護師ひとりにかかる負担も大きなものになっています。もちろん全ての医療機関で患者さんを詰めて入院させているわけではなく、ゆったりとした間隔で治療に当たっているところもあるので、年収にあまり差の表れない呼吸器科は、看護師配置なども考慮して転職先を選びましょう。

患者さんの中には意思の疎通が図れない人や、疾患のせいでコミュニケーションを図ることが難しい状況の人もいますが、患者さんひとりひとりと関わる時間の長い診療科なので、看護師本来の医療行為を実践することができるでしょう。

呼吸器内科で習得したスキルは、在宅医療ケアを業務とする訪問看護ステーションや老人保健施設でも高く評価されています。それだけ一般的にも患者さんの多い診療科なので、看護師の求人募集も常に一定数が求められています。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細