リハビリ科の看護師の年収相場と転職の話

運動機能の回復をサポートするのがリハビリ科で、脳神経外科・整形外科での手術後に機能回復訓練をするわけですが、リハビリ科には理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・臨床心理士など多くの専門スタッフが存在しているので、メインで患者さんのケアを行うのは看護師ではありません。もちろん診察介助などは看護師の業務になりますが、医療行為をすることはあまりありません。

特に総合病院や大学病院の場合は専門スタッフが多いので、患者さんの食事介助など身の回りのケアすることが多いです。通所リハビリテーションや回復期リハビリ病棟など、さまざまなところで看護師が募集されていますが、どんな医療機関であるにせよリハビリ科はチーム医療になります。そのため専門スタッフもさることながら、リハビリ助手や看護助手・介護士とも一緒に仕事をこなすこともあり、コミュニケーション能力が問われる職場だとも言われています。

そんなリハビリ科の看護師平均年収は、450万円〜550万円だと言われています。リハビリ専門病院に勤務するか、リハビリ病棟や外来の総合病院などに勤務するかによりますが、基本的に病棟の場合は他の診療科と同じようにシフト勤務になるので、夜勤手当や当直手当が付きます。患者さんのリハビリを直接指導するわけではありませんが、患者さんがリハビリを頑張れるように介助したり、看護記録をまとめて専門スタッフと連携が取れるように段取りをつけたりと、縁の下の力持ち的な要素が多いのがリハビリ科です。
患者さんが元気に回復して退院していく姿を見ることができるのは、リハビリ科の醍醐味です。非常勤のパートやアルバイトの場合は、食事介助や入浴介助などの業務を振り分けられることが多く、今まで最前線でバリバリ業務をこなしていた人には物足りないかもしれませんが、特定の業務をこなすだけで一定の給料が保証されるので、家庭を優先したい人にはお勧めです。

また、病棟勤務の場合は排せつ介助も多く、勤務時間内に何度もナースコールで呼ばれるので、体力的に20代〜40代くらいの若い世代が多いと言われています。遣り甲斐をどこに感じるのかは人それぞれですが、病床数を確保するために一般病棟から移される人も多く、経管のままリハビリ科に転院してきたりするケースもあるので、勤務する医療機関の規模によって業務内容も変わってきます。どんな患者さんに対応しているのか。詳しい業務内容や勤務体制はなど、看護師転職サイトで確認してもらって下さい。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細