産婦人科の看護師の年収増と募集先探し

産婦人科の勤務には、総合病院であってもクリニックであっても夜勤が存在します。規模の大きな医療機関は外来と病棟を分けるので、外来診療のみで勤務することもできますが、クリニックは看護師の人数が少ないので外来も病棟も兼務するところが多いです。もちろん医療機関によっても違うので、看護師転職サイトへ問い合わせてみて下さい。

一般的に言われている産婦人科の看護師平均年収は350万円〜450万円が相場で、総合病院とクリニックではそれほど差はありません。ただ、帝王切開などの緊急処置は別にして、普通分娩は保険診療には含まれないので、アロマやエステ・ヨガ・妊婦体操などのさまざまなサービスを付けているクリニックの方が、給料が高いところもあります。

最近の産婦人科は分娩室にプラネタリウムがあったり、ホテルのように豪華な入院食を提供したり、個人のクリニックでしかできないサービスやサポートを付けて、出産費用を若干高めに設定しているところもあるので、そういったクリニックでは給料もやや高めで計算されています。

また、高齢出産のリスクも存在していますが、晩婚化が進んでいる現代では不妊治療も珍しいことではありません。男女産み分けや高度な不妊治療を提供している医療機関は、基本的には一定の治療範囲を超えると自由診療になるので、不妊治療に積極的な医療機関も給料が高いと言われています。

総合病院などの規模の大きなところでは、手術室に勤務する担当看護師が存在しているので、ほとんどの場合で産婦人科勤務のオンコール対応はありませんが、医療機関や雇用形態によってもさまざまなので詳しく聞いておきましょう。オンコール手当もピンからキリまで存在していて、呼ばれなくても手当が付くところもあれば、実際に呼ばれて出勤しなければ手当が付かないところもあります。

オンコール手当とは別に、分娩があれば超過勤務手当が付く場合もあり、平日や休日によって金額が違うこともあります。それゆえ産婦人科の求人については、他の診療科とは少し違った給料計算になる医療機関もあるかもしれません。基本的に妊婦さんは、経産婦で正常妊娠だとクリニック。リスクの高い状態の場合は、総合病院や大学病院で出産する傾向にあるので、看護ケアする対象は医療機関の形態によって違います。

それらのポイントを踏まえた上で、自分の希望する勤務形態の医療機関を探して下さい。ハローワークでは不妊治療のサポートや出産介助など、詳しい業務内容は記載されていないので、転職サイトに問い合わせてみましょう。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細