精神科の看護師の年収アップと求人探しのコツ

心療内科と間違えられやすい精神科ですが、一般的にも確固たる線引きがあるわけではありません。ただ、どちらかというと心療内科よりも精神科の方が重症度が高く、依存症やPTSD・パニック障害などのさまざまな患者さんの治療を行うため、精神科専門病院には閉鎖病棟もあります。

テレビドラマの影響で閉鎖病棟と聞くと、鉄格子の中に存在する暗くて怖いイメージを持ってしまいますが、患者さんが自傷行為に走ったり、外部との接触で混乱をきたさないように閉鎖しているだけです。そのためベルトやドライヤー・爪楊枝などは、安全管理のために看護師の詰め所で預かっているところも多いです。

男性看護師も多く働いているのが精神科で、その分女性ばかりの一般診療科よりも人間関係が良好な職場が多いと言われています。ただ、精神科特徴上どうしても医療機関によっては古い体質が残っていたり、教育研修なども行われていないところがあるので、看護師転職サイトで詳細を確認して、しっかり職場見学をしてから転職して下さい。

精神科看護師の平均年収は400万円〜500万円で、看護師歴10年目で520万円程度だと言われています。精神科独特の手当として特別に付けられているところもありますが、精神科単一の医療機関であるか、複数の診療科を持つ総合病院であるかにもよります。最近は屋上にプールがあったり、中庭やテラスを和やかなカフェにしているところも多く、患者さんが穏やかに過ごせるような新しい綺麗な医療機関が増えてきました。

また、院内研修や院外研修の支援も積極的に行っている医療機関では、未経験からでも精神医療に携わることができるので、転職サイトでは教育体制も充分満足できるところを紹介しています。ただ、精神科は他の診療科とは違うので、患者さんの状態や気持ちを理解はしたとしても、感情移入してしまうような場合は業務上難しい立場になるかもしれません。

それだけ奥が深い診療科ではありますが、精神科にも急性期や慢性期の症状によってケアが違うので、受け入れる患者さんの度合いによって雰囲気が左右されます。外科系の診療科に比べて患者さんの回復度がわかりにくいですが、患者さんとのコミュニケーションが直接治療に関わる場所なので、信頼関係を築くことができれば穏やかに勤務できる職場の1つです。

ほとんどの医療機関で残業がなく、夜勤や当直などのシフトも調整しやすいので、ブランクから職場復帰する際の転職先として多くの人が利用しています。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細