消化器科の看護師の年収の平均

クリニックでは胃腸科という看板が挙げられているところもありますが、消化器科は細分化された内科の中でもいちばん診療の対象部位が多い診療科です。また、内視鏡検査や胃カメラなど特殊な検査も多く、患者さんも長期に渡って入院する高齢者が多いので、じっくり病状を観察しながら看護業務に当たることができます。

医療機関によっては外科と同じ病棟に配置されている場合や、消化器外科が別に設けられているところもあります。そんな消化器科看護師の平均年収は420万円〜520万円で、夜勤・当直などの勤務体制によって給料も増減します。消化器科内科はほとんどが慢性期の療養病棟のような雰囲気なので、アットホームな職場が多いと言われています。

投薬管理の多い消化器内科では、病棟薬剤師を常駐させている医療機関も多く、看護師が集中して患者さんのケアに専念することができるように、さまざまな配慮がプラスされています。消化器科と聞くと、外科から転職してきた人には物足りないようなイメージがあるかもしれませんが、胃潰瘍から胃癌や大腸癌などのさまざまな疾患に対応するので、検査や投薬の多さは他の診療科の比ではありません。

最近のクリニックでは、スポーツ選手が接種したことで知られるにんにく注射を取り入れていたり、漢方外来を設けて特色を持っている医療機関が多いので、外来診療のみのクリニックでも充分安定した給料をもらうことはできます。特に任意の予防接種を取り入れているところはボーナスが良い場合もあるので、クリニック=給料が低いというのが全てではありません。

大学病院や総合病院などでは肝臓外来や脂肪肝外来・胆膵外来など、分野別に特化した専門外来を設けているところもあるので、病棟勤務以外でも看護師としてのスキルを試すことができるでしょう。癌診療指定病院に指定されているところもあり、診療対象が広いので、看護師転職サイトでカウンセリングしてもらって、自分に合う職場を探してもらって下さい。

消化器科内科は医療機関に問わず慢性疾患を取り扱うので、目に見えて回復がわかる外科とはまったく違います。ときにはゴールの見えない看護ケアをしているような気持になりますが、気持ち良く働くことができるかどうかは、勤務している職場の人間関係やサポート体制にもよるので、納得のできる医療機関を紹介してもらいましょう。外科と違って長期で勤務する人も多く、自分のライフスタイルを大切にしながら働くことができます。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細