手術室の看護師の年収増の秘訣と転職の成功例

手術室の看護師平均年収は、ずばり400万円〜500万円です。これにはオンコール手当が絡んでいて、手当の差で違いが生まれてきます。どのくらいの頻度でオンコールが回ってくるのか。それぞれの医療機関の違いを看護師転職サイトで比較してみて下さい。手術室への勤務は日勤のみで夜勤や当直はありませんが、オンコールの順番が回ってくると待機しなければなりません。

待機中は出勤するわけではありませんが、行動範囲が限定されてしまうため拘束感を感じる人もいるかも知れません。基本的に多くの医療機関は、毎月5回〜8回程度オンコール当番が回ってくるわけですが、実際に出勤となるのは毎月1回あるかないかの程度だと言われています。ただ、ここで注意したいのは出勤がなくても待機手当は付けられるのか。出勤しなければ待機手当は付けられないのか。オンコールに対する給料体制です。

ほとんどの場合は日勤のみの業務で終わることが多く、オンコール専門のアルバイトを置いているところもあるので、「手術室は大変だ。」という偏見に惑わされないで下さい。最近ではブランクからの復帰で手術室に転職する人も多く、幼稚園に入園している子供を託児所で送迎したり、病児保育に対応して育児支援を行っている医療機関も見られます。

手術室は早出と遅出があったり、オンコール対応のところもあったり、病棟勤務と変わらないようなシフトの調整が必要とされるイメージがありますが、通常は日勤のみなので子育てと両立して働くことも可能です。ただ、この時点で子供が幼稚園だと時間的に難しい人も多く、潜在看護師が転職しやすい環境を整えるために、医療機関ではさまざまな工夫が取られています。

また、手術室勤務だと病棟の業務ができなくなるようなイメージもありますが、それは誤解です。確かに手術室は特殊なので、患者さんとコミュニケーションを取ることはあまりありません。そのため限られた世界の中で業務するようなところがありますが、それだけ専門性が高いわけです。だからと言って病棟勤務ができなくなるかどうかはまた別の話で、個人の適性に合うか合わないかの問題なので、手術室勤務にマイナスイメージを持っているのは間違いです。

医療機関によって勤務体制や方針が違うので、看護師転職サイトでコンサルタントに相談してみると良いでしょう。手術室勤務は患者さんの命を取り扱う臨床の最前線なので、救命と同様にその遣り甲斐は大きいものです。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細