看護師年収の平均<東京>

看護師の平均年収の相場を考える際は、地域による差異も一緒に見てみる必要があります。なぜなら、看護師が働く病院やクリニック、診療所などの内訳は、それぞれの地域によってかなり差があるからです。当然、大都市には多くの大学病院や国立病院が存在し、そこでは多くの看護師が勤務しています。そういった大都市の看護師の平均年収は、必然的に高くなります。一方、クリニックや診療所の多い地方で働く看護師の平均年収は、比較的低くなるのです。こういった地域による差は、どれくらい平均年収に表れてくるものなのでしょうか。

そこで、全国の地域別の看護師の年収相場を比較してみると、やはり東京の看護師の平均年収がトップであるようです。正看護師の平均年収のとある統計データでは、北海道では約「460万円」、大阪府では約「490万円」、愛知県では約「510万円」、沖縄県では約「430万円」である中で、東京では約「520万円」となっています。このように、東京の看護師は、もっとも高い平均年収を打ち出しています。

では、なぜ東京の看護師はそれほどまでに年収が高いのでしょうか。それは、先にも述べたように、大病院が集中していることの他に、様々なワークスタイルがあるといった点が理由としてあるようです。というのも、看護師と一口に言っても、ただ単に病院で働くだけが看護師ではないからです。地方でこのようなことを言うと、「病院以外で働く看護師?そんなの聞いたことない」という答えが返ってきそうですね。しかし実際、東京においては、看護師資格を活かして、医薬品開発企業や、医療器具開発企業などで働く方も多く存在します。また、企業内看護師といって、企業の保健室で処置を行う看護師もいます。

また、一口に病院といっても、東京には、大学病院や国立病院、県立病院、クリニック、診療所、保健センター、介護センターなど様々な形態の病院や医療機関が存在します。これらの病院や医療機関によっても、勤務スタイルや条件がそれぞれ異なってくるので、東京の看護師の平均年収は、あらゆるケースの混じった中での金額と言うことになります。そもそも、他の地域と同等に数値を比べること自体、そぐわないのかもしれません。

ですから、東京の平均年収に対して、あまり固執する必要はないでしょう。それよりもその平均年収を基準にした場合、自分の年収はどの位置にあるのかを見極めて、妥当であるかを考えることのほうが大事です。もし貴女が地方で働く看護師であるならば、年収アップを狙って上京転職をしたいと考えるかもしれません。そのような場合には、看護師専門の転職エージェントの利用をお勧めします。中には、上京転職をする人に対して、面接交通費を全額負担してくれるところもあります。このように、地方から東京へ出てきて新たなスタートを切って働くといったことは、大いに歓迎されることであるようです。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細