自衛隊の看護師年収

第46回衆院選で自民党の安倍総裁が「国防軍を目指す」と発言したためにクローズアップされて自衛隊ですが、自衛隊は1950年8月に朝鮮戦争に派遣された駐留アメリカ軍に代わり、日本国内の治安を維持するため作られた警察予備軍が始まりです。自衛隊のままでいいという反対意見が根強くあるなかで、自民党は2012年4月27日に「自衛隊を国防軍にする」と明記した日本国憲法改正草案を発表しました。

そんな自衛隊で働く、看護師がいることを皆さんはご存知でしょうか?普通の看護師との違いは自衛隊で働く看護師は、特別職国家公務員だということです。国家公務員は一般職と特別職に区分されていて、裁判所職員・国会職員・防衛省職などは国家公務員法第2条第3項で特別職国家公務員に定められています。そしてそれ以外の全ての国家公務員は、一般職とされているのです。

実はこの自衛隊で働く看護師の仕事はとても人気があり、自衛隊の採用試験でもたくさんの応募者が集まります。その理由は民間の病院で働くのと比べると仕事は楽で、それでいて給与は高いと人気があるからでります。このご時世ですから、安定したところで働きたいと考える方が多いも当然と言えば当然です。

では自衛隊の看護師になるためには、如何すればいいのでしょうか?自衛隊の看護師になるための採用試験には、いくつかの制限があります。まず年齢制限ですが18歳以上で、24歳未満であるということです。これらの制限の他にも視力がある程度あることや、太っていないことや肺活量が一定量以上あるなど細かい規制があります。

自衛隊の看護師の仕事ですが自衛隊には陸上自衛隊・海上自衛隊・航空自衛隊と3種類あり、たとえば陸上自衛隊であれば自衛隊の中央病院や自衛隊病院の他にも、各部隊で看護業務をします。普通の看護師との違いですが自衛隊で勤務する看護師の場合は、いつどこに派遣されるか分かりません。東日本大震災のように大きな災害が起きれば、その災害地に派遣されることもあります。

自衛隊の看護師の給与ですが、採用の時の各自の資格や経験年数に応じて自衛官としての階級が決められます。たとえば平成21年の自衛隊の看護師の給与例ですが、2等陸曹(1号俸)で212.700円で1等陸曹(1号俸)で221.300円で陸曹長(4号俸)で228.100円でした。

昇給は年1回で賞与は6月と12月の年2回で勤務や職種や職域に応じて、住居手当・扶養手当・航空手当・乗組手当・航海手当・地域手当などがあります。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社ローザス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細