看護師年収<大学病院の場合>

「大学病院で働く看護師は、かなり年収が高いと言われているけれど、実際の相場はどれくらい?」「病院の規模によって年収が変わるって本当?」「大学病院ではどんな仕事をするの?民間の病院と比較してどれだけハード?」

現役看護師の方にとっても、これから看護師になろうと日夜勉強に励んでいる方にとっても、自分が転職、就職した後の年収がどれくらいになるのかは、もっとも気になることなのではないでしょうか。しかし、看護師の年収は勤務先ごとに大きく変わってきます。そこで、これから、勤務先ごとの看護師の年収について見てみることにしましょう。

看護師がただ単に病院に勤務するといっても、それが大学病院なのか国立病院なのかクリニックなのかで、年収を始めとして、就業時間、夜勤・当直・残業のありなしなどの細かい規定が変わってきます。また、もともと看護師という仕事はハードであると言われていますが、勤務先によってもそのハードさの度合いには違いがあります。

ではまず、大学病院での勤務については、どのような特徴があるのかを見てみましょう。大学病院では、最新の医療設備が整っているため、他の病院では治療できないことも、大学病院ではできたり、一般の総合病院では診断しきれなかった患者さんが、最終的な検査や診断を受けるために来たりします。ですから、看護師にもそれなりのスキルが必要となってきますし、普通よりも精神的にプレッシャーが大きいことも容易に予想できます。それゆえ、比較的、大学病院で働く看護師の年収は高いと言われています。

大学病院で働く看護師の平均年収相場は、「400万円から600万円」の間であると言われています。看護師全体の平均年収が「469万円」というデータがありますが、ここから考えても、やはり大学病院勤務の看護師年収は高いと言うことが言えます。ただし、「600万円」まで行くと、看護主任などの上のランクである長い経験を積んだ看護師の年収に相当するため、一般的には「500万前後」が平均であると言うことができるでしょう。

このような大学病院に就職・転職して年収アップを実現するためには、まずは自分のスキルの見直しから始めなくてはならないでしょう。また、いくらスキルやポテンシャルがあっても、実際に大学病院で働ける環境と、そのニーズがなければ始まりません。そこで、自力で探していくのはなかなか難しいため、転職エージェント活用することが一つの手段として挙げられます。看護師専門の転職サイトは、検索エンジンなどで検索すればたくさん出てきます。この中から、大学病院への就職・転職に強く、年収アップ施策の上手な人材紹介会社を選ぶ必要があるでしょう。特に、病院やクリニックなどに名の知れている、有名なサイトであることや、医療関係者に通じているような転職エージェントのいるサイトを選ぶことが大事です。

看護師年収アップをサポート!看護師転職ランキング!

対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社エス・エム・エス 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 ディップ株式会社 詳細
対応エリア 利用料金 会社名 申込み
全国 無料 株式会社マイナビ 詳細